テアニンTheanine

成分の解説

基本情報

テアニンは、お茶に含まれるのアミノ酸の一種で、お茶のうま味成分です。玉露などの高級なお茶に多く含まれます。

特徴

脳の入口には「血液脳関門」という関所のような器官があり、不要な物質は全てはじかれ、限定された必要な成分のみが通ることができますが、テアニンはその関門を通ることができるので、脳の中で直接働くことができます。テアニンが脳の中に入ると、神経伝達物質のドーパミンやセロトニンの濃度を変化させることによって、興奮を鎮めて緊張を和らげる働きと、心身をリラックスさせる効果が出ると考えられています。

期待される効果

心身のリラックス効果

お茶を飲むと一息ついたような感覚や心が落ち着く感覚が起きることがありますが、これはテアニンによるリラックス効果であると言われています。テアニンの摂取後、40~50分程でリラックスの指標であるα波が発生するという実験データも出ています。他にも脳の興奮を抑えて神経を沈静化させ、精神的なストレスを抑制する効果が確認されています。
なお、お茶には大量のカフェインが含まれていますが、お茶を飲んでもそれ程神経が高ぶらないのは、カフェインの興奮作用をテアニンが鎮静化するためと考えられています。

安眠効果

テアニンは脳の抑制系神経を活発化させて興奮系神経を鎮める働きがあるため、睡眠を促進する効果があるとされています。テアニンを就寝前に摂取することで、寝つきを良くして中途覚醒をなくし、睡眠の質を高める効果が期待されます。

集中力向上効果

試験やスポーツ競技などでは必要以上に緊張し、実力を発揮できないケースもあります。テアニンを摂取することによって緊張を和らげ、集中力が増すことによって成績やパフォーマンスをアップさせる効果が期待されます。

月経前症候群、更年期障害改善効果

女性特有の悩みである月経前症候群(PMS)によるイライラや憂鬱感、むくみといった症状を緩和する効果が期待されます。また、更年期障害によるほてりや動悸、イライラ、不安感といった症状を緩和する効果も期待されます。