L-カルニチン

L-カルニチンはアミノ酸の一種で、体内では必須アミノ酸であるリジンとメチオニンから肝臓や腎臓で様々な過程を経て合成され、主に筋肉細胞に蓄積されています。
摂取した脂肪(脂質)は分解され細胞内のミトコンドリアにはいってエネルギーに変換されます。植物油や動物脂の大部分は長鎖脂肪酸で構成されています。この長鎖脂肪酸を細胞内のミトコンドリアに運ぶ働きがあるのがL-カルニチンです。ミトコンドリアに運ばれた長鎖脂肪酸は、クエン酸回路によって代謝されてエネルギー(ATP)に転換され、ここで初めて人体の活動源として消費されます。(参照:3大栄養素「食べ物がエネルギーになるしくみ」)
長鎖脂肪酸単体ではミトコンドリアに入ることができないので、L-カルニチンが不足すると長鎖脂肪酸はミトコンドリアに運ばれなくなります。エネルギーに消費されなかった長鎖脂肪酸は中性脂肪に変化し、白色脂肪細胞(主に皮下組織・内臓に分布)に蓄えられて細胞が膨張し、皮下脂肪や内臓脂肪が増加します

加齢との関係

体内には約20gのカルニチンが存在しているといわれていますが、その体内量は30歳を超える頃から徐々に減少します。カルニチンが減少すると、長鎖脂肪酸が消費されにくくなり、体脂肪の増加につながります。中年期以降に太りやすくなる要因として、L-カルニチンの不足が関係していると言えます。

L-カルニチンを含む食品

L-カルニチンは食事摂取によって体内に補給することが可能で、L-カルニチンを多く含む食品は、羊肉や鹿肉、牛肉などの反芻動物の赤身肉です。豚肉や鶏肉にも含まれますが、豚肉は牛肉の3分の1、鶏肉は牛肉の6分の1程度の含有量となっています。
体内で使用されるL-カルニチンのうち、4分の1は体内合成されますが、残り4分の3は食事からの補給が必要とされ、準必須栄養素ともいえます。牛肉など肉類からの積極的な摂取が必要です。
L-カルニチンは、必要量を効率的に摂取する手段としてサプリメントも有効です。

L-カルニチンの働き

肥満抑制

L-カルニチンの摂取により、食事で摂取された脂肪(長鎖脂肪酸)が効率良くミトコンドリアに運ばれて燃焼(=エネルギー産生)されるため、体脂肪として蓄積されにくくなり、肥満抑制につながります。

中性脂肪の減少

L-カルニチンの摂取により、体内に蓄積された中性脂肪がミトコンドリアに運ばれて燃焼されるため、中性脂肪を減少させることができます。
なお、やせ型の人でも血液検査によって中性脂肪値が高い(いわゆる隠れ肥満)場合がありますが、そのような方の中性脂肪値の減少にもL-カルニチンは最適といわれます。

疲労感・だるさの緩和

L-カルニチンが不足している状態であると、脂肪が効率よく燃焼されず、人体の活動源となるエネルギーの十分な産生ができず、慢性的な疲労感やだるさを感じるようになります。L-カルニチンを摂取することにより、脂肪燃焼が持続的に行われ、人体の活動エネルギーが常に発生するようになるので、疲労感やだるさが緩和されます。L-カルニチンの継続摂取により体内量を高い状態に保てば、疲れにくい体質となり、体も軽くなっていきます。

細胞の新陳代謝促進

L-カルニチンの摂取により、細胞内に停滞している脂質の新陳代謝が促進されて新しい脂質に入れ替わるので、美肌効果も期待されます。